誕生日が手術日?!舌癌日記。

2008年5月に舌癌と告知されました。 これから色んな心境などを 書いていこうかなと思います。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は5月24日だから4日前に舌癌の告知を受けました。

舌炎がずっと治らなくて耳鼻科や歯科を受診し、最終的に
歯科からの紹介で口腔外科を受診、組織検査の結果、舌癌との
ことでした。検査を受けたのが5月13日、一週間後の20日に
結果を聞きに行くまではただの舌炎のひどいもので一応検査
したんやろな~と思っていました。正直ひとつも疑ってませんでした・・・。

20日の日、待合で呼ばれるのを待っていると・・・
看護婦さんが来て
『次に呼ばれるからね。今日はひとり?』と聞かれました。
ん??ひとり??へんなこと聞くなぁ・・・あれ?なんかおかしい??・・・。
と感じました。診察室に入り、少し診察した後にじゃあこっちの部屋へどうぞと言われ
ました。椅子に座り・・・
先生が『検査の結果ですがあんまり良いものでは
ありませんでした。はっきり言いますね。舌癌です』と・・・・。

一瞬の出来事でした。
私『え・・・・え??あ、はい・・・』
何が起こったのか実感できませんでした。
泣き崩れるでもなく・・・普通に説明を聞きました。これからの検査のこと、入院して手術を
受けることの提案など先生が話すことをしっかり聞いていました。
『舌を切るから多少の言語障害、食べる時の障害はあります。』
『転移の可能性もあります。』
・・・言語障害?転移?・・・・・ショックでした。
話が終わり最後に先生が『大丈夫?』と声をかけてくれました。
その途端・・・なんでしょうか我慢していた気持ちなのか我に返ったのか
涙があふれてきました。先生は『しばらくこの部屋でいていいからね』
と言いました。看護婦さんが来て優しく言葉をかけてくれ涙はあふれだすばかりで
止まらなくて困りました。看護婦さんがマスクをくれて泣き顔を隠してくれました。
肺のレントゲンとMRI検査にたまたま空きがあってすぐに受けることになりました。
その日の結果は肺はキレイ。首のリンパもキレイ。明日にCT検査をして
その結果と照らし合わせるとのことでした。

仕事のこと、家族のこと、友達のこと色んな事が頭を浮かびました。
一番は親の気持ちの負担。これが苦しいなと思いました。
病院から帰り、母親と父親がいたのでそのまま舌癌だと告白。
ビックリしていました。そりゃビックリするよね~・・・。
思ったより気丈で(そう見せてくれているんだろうけど)
少し安心しました。

癌って正直なところ、他人事だと思っていました。
友達のお父さんが癌で、近所のおじさんが癌、おばあちゃんも癌でした。
癌なのか・・・かわいそう。
まさか自分が。嘘みたい。
ほんとドラマを見てるよう。

21日にCT検査を受け、23日にPET検査を受け、結果が来週の27日です。
舌癌の深さ、他に転移しているところがあるかの結果です。
めちゃくちゃ怖い。他に転移していなければ手術日は6月2日(月)
私の誕生日です~こんな偶然いらないっ!* ・・ ・・(o_ _)o ドテ。





スポンサーサイト

仲のいい友達4人に舌癌だと告白しました。
みんな動揺を隠せない様子。ビックリして何と言っていいか
わからないんでしょう。私が反対なら同じです。
みんなすぐに家に飛んできてくれました。
一緒に泣き、笑いしてきた友達。

『100回同じこと言っても聞くから何でも言いや!』
心強い言葉です。
『大丈夫やよ。』
これはあんまり効果ないです~ごめんなさい(笑);
癌でも他の病気でも同じだと思うけど患者本人と
まわりの人達との気遣いがプラスにでたりマイナスに
でたり色んなことがあるなぁと思ってきています。

少しでも一緒にいて励ましてあげたい友達。
それが負担になってくる患者本人。
今回は私の思うことですが、
あんまり過剰に心配されるのはイヤなんです。
出来れば普通に接してほしい。
今日は友達の誘いを断ってしまいました。
時間があれば一緒にいようとしてくれる。
そんなに一緒にいてくれなくてもまたいつでも遊べるよ。
そんなに心配されると死を意識しちゃうよ~
私が反対ならどうしてるかなぁ・・・・

やっぱり、今医療が進化していて癌は治る病気だと言われる世の中ですが
たいがいの人は癌イコール死と受け取るんだなぁと感じます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。