誕生日が手術日?!舌癌日記。

2008年5月に舌癌と告知されました。 これから色んな心境などを 書いていこうかなと思います。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

999.jpg
無事に終わりました(^^)手術は昼一時からで四時に部屋に戻りました。手術自体は一時間ほどで全身麻酔が切れるまでは手術室にいました。
手術台に寝てから一分くらいで眠った様です(^^ゞ
意識が戻った時はボーっとしながら待っていてくれたみんなの顔が見えて安心しました。
戻ってきて最初の一言は『喉いたーいー』で言葉が出たことに私もみんなもビックリしました。もっと話せないだろうと予測していました。麻酔が切れてくると予想通りに痛いです(笑);最初は座薬じゃなくてロキソニンという痛み止めを使ってもらったんですがあまり効かずで、座薬にかえてもらってからマシになりました。後はツバ、タンがあふれ出てきて大変です。
看護婦さんに管で吸いとってもらいます。10分おき位にたまるのでそのうち自分でティッシュでとる様になりました。後は鼻からチューブを入れて直接胃に食べ物?を流すので喉に通ってるチューブが痛いっ。つばゴックンがキツイです。
寝ているとタンが喉につまりそうで気持ち悪く、尿道にもチューブが入っているので動けず、朝までベットを起こして座った状態で朝を迎えました。一時間ほどの睡眠でした。
スポンサーサイト

昨日一時間しか寝ていないのでボーっとした感じです。朝から尿道チューブを外してもらい動ける様になりました。三日ほどはじっとしていないといけないのかな~と思っていましたが普通に歩いてトイレも行ける様になりました。

痛み止め座薬を六時間おき位に入れてもらっているのでキズ口周辺痛みはマシです(舌の縫い後は神経がないみたいで痛くない)ほっぺとアゴの辺りが少し腫れています。先生はもっとパンパンに腫れるからね~と言っていましたが思ったより腫れが小さいねと言っていました。
ツバ、タンは昨日と変わらずあふれてきます。箱のティッシュが一日でなくなります。
鼻チューブからの食事が始まりました。離乳食?の様なものを点滴で入れていくんですがなんか鼻を通る感覚が少しあって気持ち悪い(-_-;)まぁ我慢できる程度です。お腹がいっぱいになった感覚があるのが不思議です。水は口から飲んでオッケーの指示がでました。といってもそんな豪快には飲めません(笑)おそるおそる少しづつ飲んでいます。今回の手術でのしんどいのは、
一、鼻チューブによる喉の 痛み。

二、ツバ、タンの処理。

三、キズ周辺の痛み。

の順番です。意外とキズは三番でしたっ。

家族、友達がお見舞いな来てくれて回復ぶりにビックリしています。昨日の様子見てたらまだ寝たきりと思ってたようで歩いたりしてるのに驚いたようです。
顔色も良くなったと言われてました。それと言葉がわかる!のがみんな一番の驚きです。後で先生が『言語障害があまりでない様に切りました』と言ってくれていたと昨日知りました。
ありがとうございます。
後はリハビリだ~!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。