誕生日が手術日?!舌癌日記。

2008年5月に舌癌と告知されました。 これから色んな心境などを 書いていこうかなと思います。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は一週間ぶりの病院でした。
舌の奥の方にある縫い糸を取ってもらいました。
この糸は溶ける糸なのでほっておいても大丈夫とのことだったので
油断していました(笑)私ノドの奥の方をさわられるとオェがちょーんって
すぐになるんですヲス
マズイんじゃないの?!と思っている間に先生がちょちょいのちょいで取ってくれましたダッシュホッ
その後の触診でちょっとオェっとなり先生の手をつかんで止めてしまいました(笑)
先生 『あはは~ごめんなー触らなわからんからな~にっこり
とまたまたちょちょいのちょいで終了させてくれました。いつも笑顔で冗談まじりのイイ先生ですUP
いつも舌の診察の後にリンパに異常がないか首のあたりを触診してもらいます。
ドキドキ・・・・
先生 『はい問題ないね~』
 私 『ありがとうございます
フッと気持ちが軽くなりますBrilliant.
診察を終えて傷口の経過が順調なので次は二週間後に予約になりました。
待合いにいる時に、告知の日の私の泣き顔を隠す為にマスクを用意してくれた看護婦さんが来て
『すごく普通に喋れてるね舌癌の人多いのよ社会復帰してる人もいっぱいいるからね。mimiさん早期発見だったし日頃の行いが良かったのよ~にっこり
と声をかけてくれました。嬉しくて泣きそうになるのをこらえて『ありがとうございます』と答えました。目がウルってたからバレちゃったかな(笑)ヲス
先生も看護婦さんもイイ人ばかりで安心します。

●今日の医療費は診察のみで170円でした。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。