誕生日が手術日?!舌癌日記。

2008年5月に舌癌と告知されました。 これから色んな心境などを 書いていこうかなと思います。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ddd.jpg
入院中、病院でお空にいってしまいました。
先生に前日に連れて帰られますか?と聞かれました。
体も弱っていて治療をするにも血管もとれないし。。。とのお話しでした。
もう先生はダメだと思ったんでしょう。
その日は日曜日でスタッフが何回かは様子を見に来ますけど朝までは
誰もいないとのことで、一人で死なせるのは可哀想だと考えてくれたんだと思います。

b.jpg

私はその日に猫好きな知人に聞いた捨て猫を無償で診てくれるという先生のところに
電話していました。日曜で休診にもかかわらず電話にでられてコネコの状態を丁寧に
聞いてくれ、月曜にに連れてきてくださいとのお話しでした。もう一度この先生に診て
もらって望みがあるならもう一回頑張ってもらうか、望みがなく苦しむだけなら安楽死も
考えていました。
この病院に連れて行く月曜日まで家に連れて帰ろうか、入院させておいて月曜日に
転院させようかとても迷いました。月曜日までもたなくて死んでしまったら一人で
死なせてしまうことになる、でも家に連れて帰ったら酸素室の設備がないから呼吸が
もっと苦しくなってしまう・・・迷ったあげくに月曜まで入院させることになりました。

ff.jpg

月曜の朝一番に迎えに行く途中で携帯がなりました。自宅からで、今病院から電話が
あって猫が死んでしまったので引き取りに来てくださいって言ってたよ
父親からでした。私に電話をかけるのに言いずらかっただろうなと思います。
泣きながら病院に迎えに行き、先生と少しお話しをしてミケちゃんを引き取ってきました。
苦しんだろうな・・・と思って前の日に連れて帰って看取ってあげればよかったとすごく
思いました。胸の水も四回も抜いてツライ治療をさせてしまったなと泣けてきました。
でも。。後悔しても自分で決めたことだからどうしようもないけどほんと二ヶ月の子に
ツライ死に方をさせてしまったなと思います。
入院してからは酸素室で寝ていたのでさわることもなく面会しただけでした。
最後はずっとなでてもう少し大きくなったらつけようと思っていた首輪のアクセサリー
と少し遊んだおもちゃを入れました。どうか天国で猫みいちゃんと出会い一緒に安らかに
楽しく過ごしてほしいです。

a.jpg

犬、猫、動物、捨てる人は絶対に許せない。命です。
この子も捨てられなければ、衰弱しなければ助かっていたかもしれない。
怒りがこみあげてきます。
飼う時は可愛いという感情だけで飼って後になってあきられて捨てられる子、
人間に子供が産まれたから捨てられた子、子猫が産まれすぎて面倒をみれずに
捨ててしまう人、ペットが飼えない住宅で大家に見つかり捨ててしまう人、
色々な理由で可哀想な子が増えてしまいます。
どうか可愛いから欲しいなど簡単な理由だけで飼わないで下さい。
最後まで愛情もって看取る覚悟の上で動物を家族に迎え入れてあげる人が
増えて欲しいと思います。



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。