誕生日が手術日?!舌癌日記。

2008年5月に舌癌と告知されました。 これから色んな心境などを 書いていこうかなと思います。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月1月17日午前7時47分、母が逝去いたしました。
最後は私と弟が見守る中、息をひきとりました。
たくさんの人に送って頂き無事にお葬式を終えました。

肺がんと診断されてから1年と5ヶ月。長い長い戦いが終わりました。
ほんとうに最後まで明るく前向きな強い母でした。

昨年の年末12月26日自宅に外泊している時に意識障害がでて救急車で運ばれてから
もちなおしましたがどんどん体の機能が低下しました。
手以外は動けなくなり、少しづつ話せなくなりました。
食事もほぼ出来ませんでしたが、アイスやジュースなど少し口にすることは出来ました。

緩和病棟の先生と看護師さんに痛みをとって頂いたので最後まで痛みを感じる
ことなく過ごせました。
自宅にも何度か連れて帰ってあげることが出来ました。

何から書けば何を書けばいいのか。。。
今思うのはへんな話ですが母に思うのは寂しい気持ちもあるけれどやっと楽になれたねと安心した気持ちです。
行動派のおしゃべり好きな母がベットに寝たきりで話すことも出来なくなっているのを見るのは
つらかったし母自身つらい時間が長いのは嫌だと言っていたので。。

看護師さんからこんな言葉を頂きました。
『お母さんは年末に倒れてから家族さんに十分な時間をくれていますね』

ほんと年末に倒れてからもうダメだと思ってから約1ヶ月、私達家族は母に十分な時間をもらいました。
心の準備の時間、思い切り看病させてもらえる時間、親孝行させてもらえる時間。
病院の人達に今までで一番看病している家族さんだと言ってもらえました。

天国でもすぐに友達を作っていると思うのであまり心配はしていません。
この先、母の何にでも明るく愚痴を言わないところを見習っていこうと思います!









スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。